とてもショックです。

2011年3月13日(日)

今回の大地震で被災された地域の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方へ心よりご冥福をお祈り申し上げます。


世の中はいつ何時、何が起こるかわからない。
だから毎日を今を一生懸命生きよう。

今回の大地震は、壊滅した街の映像や津波で押し流される車や家屋の映像を見るたび、
なんともいえない気持ちになり、涙ぐんでしまいます。
ブログで知り合いになれた方たちにも東北、関東地方の方がいらっしゃいます。
心配になりコメントを残させていただいてます。
無事を確認できた方もいらっしゃれば、まだの方もいらっしゃり、とても心配です。
お顔も存じ上げない方々ですが、猫を通じてお友達になっていただいた方、そしてにゃんずです。

まだ行方不明とも安否すらわからない方が多数いらっしゃるとのこと。
どうか、お一人でも命が助かりますように。
また、もしお亡くなりになられた方も、どうかご家族やお知り合いの方とご遺体の面会ができますように。

私も猫を家族として迎えいれている一人として、被災地域の猫ちゃんやワンちゃん、他にもたくさんの命、みんながどうしているかとても心配です。


阪神大震災のとき、実家でおばあちゃんと寝ていた私は、突然の大きな揺れに布団につっぷして止まるのをまちました。
大きな被害のあった神戸あたりよりかなり北の田舎町ですが、それでも初めての体験でした。
両親が車で大阪まで送り届けてくれ、戻った自宅は高いところのものがあれやこれやと落ちていて、マンションの壁もあちこち小さいながらにも亀裂がありました。

あれから、こういう災害に対して事前に備えるということを結局何もしなかった私ですが、
どうしてなのか今回はとても心にずっしりきます。
津波がくるなんて見当もつきません。
だからこそなのか、あのひどい現状の映像を見るたび信じられないのです。

今更と思われるでしょうが、な~ちゃんたちの避難用品を少しでもそろえることにしました。
人は自分の意識でどうにでもなりますが、な~ちゃんたちはどうにもできませんもんね。

これ以上犠牲者が出ないよう、お祈り申し上げます。
こんなときに、長々と申し訳ありませんでした。
今日は、どうしても気持ちの上でな~ちゃんたちの写真をのせることはできませんでした。

こちらも揺れはありましたが、大丈夫です。
by kumitin-nyanko | 2011-03-13 02:23 | にゃんずのこと | Comments(2)
Commented by sharifa-image at 2011-03-15 09:35
友人家族が神戸に住んでいて今回も真っ先に
メールをくれました。
地震の怖さを経験しているのでものすごく心配したようです。
私も被災地の犬や猫達のことが気がかりです。
瓦礫の中にいたワンちゃんが飼い主に助け出された
のをテレビで見ました。
私も非難する時は必ずミニーを連れて出たいので
ハーネスなどを準備するつもりです。
Commented by kumitin-nyanko at 2011-03-16 01:12
【sharifa-imageさん】 こんばんわ。
ご無事で本当に何よりです。
とはいえ、大変怖い思いもされたことでしょうね。
TVをつけるたび、ますます増える犠牲者の人数と、なんだか進みの遅い避難されてる方への対応や、まだ行方不明の方の捜索など、見るに耐え難い映像ばかりで心が痛みます。
ただ、これからはどの状況の方もやはり前をみていくしかないですよね。
是非、みんなで頑張っていただきたいと思っています。

猫たちを何かの際にはどうにか全員連れて行きたいけれど、4匹もいると自身はありませんが出来る限りのことをしたいです。
ミニーちゃん、今は普段どおりですか?怖い思いしたでしょうね。
<< 前を向いていくしかない。 子供っぽい顔とオトナ顔!? >>