もうアカンのかなと思った。

2015年1月22日(木)

私ひとりでは、な~ちゃんのお口にうまくまんまを入れられないので、
ぷ~が帰ってきたら一緒にやってと頼んだ。

とにかく自分で食べないならお口に入れてあげないといけないとのことで、
ぷ~にもやってもらった。
よし、これからはいっぱい食べさせるぞと、ぷ~も言ってた。

ところが水曜日の朝、二度寝してうつらうつらしかかったころ、
大きな音と、大きめの鳴き声がしたので飛び起きたら、
な~ちゃんがまたしてもケポる模様。
気持ち悪くなったからちびタワーのボックスに入ってたのに飛びだしたんだね。

それからしばらくしたらまた大きめの鳴き声がして起きたら、な~ちゃんがケポった。
もちろん透明なやつでティッシュで拭けばなにげにほのかに黄色っぽい?
2回目ケポった直後床にぺとっとなってしまったな~ちゃん。
しばらく撫でてあげてると、コロンと横向きになった。

具合が悪くなってからこんな風に寝るのは初めてだったので、
ほんとに、ほんとに、私はな~ちゃんもうダメなんだと思った。
ぷ~はもう出かけたし、どうしよ、もう病院開く時間だけどどうしよ、と思いながら撫で続けてた。

そのうち、すぐそばの猫のおうちに入っていってこもってしまった。
少しは食べることもあったスープ仕立てのまんまを差し出しても、まったく。
指で少しお口につけてやるとペロッとすること2回。
しばらくして、お皿のを2、3回自分でペロペロした。

でも、それだけ。

以降、じっとしたままこもりっきりで1日中いた模様。

仕事してても気になって気になって、その上行くときに近くの多頭飼いの猫おばちゃんと話たら、
ついに押さえてたものがこみあげてきて、運転してても涙が出る始末。

夕方、途中だけど家に帰ってな~ちゃんを病院へ。

診察台の体重計にのると体重は3.4kgに。
やっぱり2日前、私と体重計に乗って計ったの間違ってなかったんだ…
その上、背中をひっぱっても戻りが悪いのでかなり脱水症状が進んでいた。
体温も少し低かったし、多分見た感じもこの1週間超の間で一番悪かったと思う。
朝、すぐ連れていけばよかったのかなといまさらながら思う私。

ごめんな、な~ちゃん。

尿検査の結果は、尿比重というのが基本数値よりも少ないので、
簡単にいうと薄いおしっこが出てるらしい。
色は黄色くて、少し濁っているんだけど、うまく腎臓の機能が働いてないかもしれないとのこと。
さらに、その薄いおしっこの状態で蛋白が少しおりてるので、よくないとのことでした。

でも今回の症状は、腎臓が悪くなってたからこうなったのというよりも、
今回こうなって、水分も栄養も少なすぎるため腎臓が少し悪くなってきてしまったという結果。

エコー検査もしましたが、どこも異常がありませんでした。

消去法でいってますので、となると後はそれでも吐くのが気になりすぎるので、
やっぱり胃か腸に何かあるとみるんですが、と先生はおっしゃった。
次にやるとすればバリウムか、麻酔をかけることにはなるけど内視鏡検査になる。

とにかく今は、この吐き気をまずとってあげて、それで食べるようになるか、
食べて回復してくるかということをまずみましょうということで、
水分を皮下点滴してもらい、その中に吐き気止めの軽めのものを入れていただきました。

おかげさまで、少し楽になったのか、
こ数日は上がってなかった2階建てのケージの上にのってるカメさんに入って寝てるとぷ~から連絡が。

帰ってみると、この日1日見てた表情よりすごくすごく穏やかになってて、
a0043939_1381783.jpg

2声くらいないてくれた。
おかえり~って言ってくれるんやな~ちゃん^^ って言いましたヨ。

そのあと、すーーっと寝てしまって、これまた別意味でドキッとしてしばらく離れられませんでしたが、
お耳がピクッて動いたので安心して着替えました^^


今日は、先生にまんまをお口に入れてもらおうと思って連れていったのですが、
最終的にこのような処置になったので、今入れても多分吐くだけなのでやめときましょうということでした。
吐くと、一緒に水分もでるので脱水症状がすすむらしいのです。

な~ちゃんが少し落ち着いてきたら、舐めてくれるのであればスープでも近付けてみようと思います。

いつも気持ち悪そうにお口をクチャクチャしてたけど、
とりあえず今はやってません。

明日の朝、様子をお電話くださいとのこと。
ほんとは休診日なのですが、様子に寄っては来てもらってOKなんでということなんです。
今日、200cc水分点滴いれてますので、2日はもつらしいのですが、
調子どうこうによっては見ていただけるとのことで安心しました。

先生も、急にこんなことになってしかも、短期間でここまで体重低下もおこり衰弱したことにビックリしておられます。
ぷ~も、小さいころからずっとお世話になってるんだから先生に任せようという意見です。
私も同じです。


まだまだ何も解決していない感じですが、
な~ちゃんが少しでも気持ち悪くならないのが一番。
少しずつでいいから食べ始めるといいな。

みなさんには心配していただき、本当にありがとうございます。
年齢的にも、いつ寿命がきてもなんらおかしくないから、
前々からぷ~には、いつも心の準備はしとかなきゃダメだよとは言われてたんですが、
なかなか私には難しそうです。

おばあちゃんにも毎日お願いしてるんだけどね。


今もカメさんの中で寝てますzzz
明日の朝、また気持ち悪くなったりしなければいいな。




長い文字のみの文章になってしまいましたが、
記録の意味も込めて書かせていただきました。



とにかく頑張るのだ。  

人気ブログランキングへ
   

キジトラ猫 ブログランキングへ

                  こっちもよろしくにゃにほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
by kumitin-nyanko | 2015-01-22 01:50 | ペット | Comments(9)
Commented by うめまま at 2015-01-22 07:59 x
辛いね。
具体的な様子を聞くと、なーこさんたちの辛さが伝わってくる。
なーちゃんもずっとしんどいのに頑張って耐えてるね。

先生も、なかなか下手に手を出せないという部分で すごい心配してはるやろね。
なーちゃん年の割には元気でって言ってたばかりなのに。
と言っても、11歳はまだ若い方だよ。
もっと元気でいてもらわなきゃ困るもん。
愛するニャンコとたかだか10年ちょっとでお別れなんて、絶対嫌だし。

ともかく。
吐き気止めがまず効いてほしいね。
吐くのもすごい体力消耗するからね。。
ぷーさんもなーこさんも 辛いけど、なーちゃんのために引き続き頑張って(>人<;)
Commented by ツナまん at 2015-01-22 15:18 x
初めまして、うめままさんのところで読んで、いてもたってもいられずお邪魔しました。

同じ状況ではなかったですが、亡きシロ(享年24歳)もご飯も食べれなくなって体重減少。
セカンドオピニオンを早くしていれば、何かが変わっていたのかもと後悔もしました。

うちは、長老というのもあったのでカリカリはカナヅチで粉々にして缶詰とかに混ぜたりしていました。
病院では、長老だと栄養もあまり摂れないから、子猫用のご飯を食べるのもテだと言われました。
(病院それぞれの考えもあると思いますが。)
少しは食べても残すので、ほかの猫どもに残りを食べさせたら、ほかの猫どもが体重増加してしまいましたが(^_^;)

な~ちゃん、11際はまだまだ若いですよ、少しでも参考になったら嬉しいです。
Commented by kaezzz at 2015-01-22 18:31
う〜ん...一体何がどうなっているんでしょうね?
な〜ちゃんも気持悪くて食べられないのかな?
ひめの時がそうでしたけど、本人は食べたいし
飲みたいのに実際に口にしようとすると駄目みたいで
見てる方が辛かったんですよ。
それから毎日点滴に通って、しばらくしてから強制給仕
やっぱり吐いてる間はお腹に入れるのが気持悪いのかも...
こう言う時の点滴の効果は凄いですよね、でも長くは
続けられないし、根本原因を見つけてあげたいですね。
kumitinさんもぷうさんも辛いでしょうね。
読んでいるだけで胸がキュッとしちゃって辛いけど
ちゃんと見守って、祈ってますからね!!
Commented by な~こ at 2015-01-22 19:19 x
【うめままさん】 こんばんわ。
ありがと~ね。
一緒に辛いお思いしてもらって恐縮ですよ。
うめままさんも無理したらアカンよ、
あたしらオバハンは無理もきかなくなってきてるんだから。
とはいえ、私はかなり無理しまくりますけど性格上^^
うめままさんもだね。

な~ちゃんは、昨日今日と病院で点滴と吐き気止めのおかげで少し楽そうです。
ただ、自分から食べようとかってのはまったくありませんね~。これができるようになったらちょっとは回復したと思うけど。

え~、ただ今病院ついでに家でおさぼり中。
さっさと行かないとだ~うへへ。
また今日のことはアップしますね~。
Commented by な~こ at 2015-01-22 19:27 x
【ツナまんさん】 こんばんわ。
うめままさんちから、わざわざありがとうございます。
ほんとに感謝します。
うちではまだ虹の橋渡った子がいないので
もしやということで実際はやっぱりオロオロしてる飼い主です。
でも、まだまだいてほしいから出来る限りのことを、
な~ちゃんの許容範囲でやってあげようと思っています。

24歳って!!!すごくないですか。
じゃ~まだまだ頑張ってもらわなアカンわ~。ね!!

な~ちゃんは、今のところ自分から食べにくることがないので、こっちからお口に入れてあげないとなんですが、
ポンプに詰めてちゅ~って入れるんですね。
そこに、ロイヤルカナンもらってきてるのでそれを入れてるんですが、カリカリすりつぶしたのとかも入れてみますね。

私たちも家にいる時間が二人ともかなり少ないので、
いる間になんども挑戦しないとダメですね。
おこもりしてたら、やっぱりそのままにしておいてあげようとなってしまって。

食べるかな~とお皿にいれといたスープはもちろんうちも食べられちゃってますヨ~。
とにかく栄養も入れなきゃですしね、いろんなもの買いまくってます^^
点滴で栄養をいれるのを今日質問しましたが、
大きな血管にいれないといけないのと、
衛生面でリスクもあるからということでした。

なんとか頑張って行きますね。ありがとうございます。
Commented by kumitinn-nyanko at 2015-01-22 19:31 x
【kaezzzさん】 こんばんわ。
病名がつかないんですよね~。
ま、ついても困りますけど。
吐き気が残ったことからすると、胃か腸かな~ってなくらいです。
でも、そればっかりは中を見なきゃですし。

吐き気止めきいてるのか今日は一度も吐いてないです。
もっとたくさん何度もまんまを口に入れてあげなきゃいけないのですが、
なかなかタイミングがなくて。
な~ちゃん自体が食べたいという欲求がないのでねぇ。
信じられないですね、暇さえあればまんまちょーだいって言ってたのに。

さっき病院いってきたんで、今はベッドでスヤスヤ寝てますヨ。いか丸が付添で^^ 世話焼きですよね。
Commented by 飼い主B at 2015-01-22 21:00 x
こんばんは。
な~ちゃんの吐き気はまだ良くならないのですね。。

先代猫・かつおが突然吐き始めて食べなくなったときも
なかなか診断がつきませんでした。
血液検査、尿検査、レントゲン、エコー、バリウム、内視鏡と
出来る検査をすべて行い、消去法で急性膵炎と診断されました。
(膵炎の血液検査もやっていたのですが
よりによってゴールデンウイークにぶつかってしまい、
検査機関が休みで結果に時間がかかってしまいました)

猫の膵炎は吐く、食欲不振、元気がない、下痢など
他の病気と変わらない症状のため診断が難しかったのですが、
膵臓特異的リパーゼの測定(Spec fPL検査)ができるようになり
診断率が上がったそうです。

吐くという症状はいろいろな不調に当てはまりますので
診断確定は本当に難しいですよね……。
早くな~ちゃんの症状が良くなることを祈っています。
Commented by barusa39 at 2015-01-22 22:59 x
こんばんわ
初めまして
うめままさんのところから来ました
barusa39です
な~ちゃんの症状だとかなり進んだ腎不全のように思えるんですけども
食べれなくなって体重維持が出来なくなるからね・・・

でも血液検査はしたんですよね?
クレアチニンの数値とか・・・

腎不全と吐く事は別なんだけど
胃腸に異常があって、腎臓にも負担が掛かってきてるのかもね・・・
11歳だと麻酔は負担になるから
ギリギリの年齢なので無理はしない方向で調べて行くのが良いと思います
お辛いでしょうが、出来るだけ、な~ちゃんの側に居てあげてくださいませ

参考にならなくてすみません
な~ちゃん!頑張ってね。
Commented by ねこのようちえん at 2015-01-23 02:44 x
ねこのようちえんです。
ご心配ですね。
なーちゃん、お誕生おめでとう??のブログにコメントしています。読んで頂けるとまた、違った意見も考慮に入れて治療、検索ができるかもしれません。
頑張ってくださいね。
<< がんばって。 先生にご相談。 >>