がんばって。

2015年1月23日(金)

前回の記事にコメントいただいてお返事もまださせていただいておりません。
本当に申し訳ありません。
ご心配の声、いろいろなアドバイスはきちんと読ませていただいております。
ありがとうございます。



2日前、水分に吐き気止めを混ぜたものを皮下点滴して、
久しぶりにお口をくちゅくちゅもしなくて、気持悪いのも軽減されてるんだなと思いました。
帰ったらしばらくしてベッドにあがって、な~ちゃんもグッスリよく寝ていました。

翌日、病院は休診日でしたが、様子を朝電話くださいとのことでしたので、
お電話したところやっぱり点滴は入れたいとおっしゃっていただき、
夕方、時間をあわせていただいて病院へ。
1日吐いてないので、このまま続けてみましょうということになりました。
点滴のあと、少ししてからロイヤルカナンの缶詰を10ml、先生にお口にいれてもらってたべました。


帰ってきたな~ちゃんに世話焼きいか丸が寄ってく。
a0043939_2330315.jpg

な~ちゃん毎日先生んとこいってるねぇ。
a0043939_23302463.jpg

ゴソゴソと方向転換してバッグでじっとしてる。
a0043939_23305569.jpg


ビリは、行く前までな~ちゃんがここのボックスにいたからな~ちゃんのにおいがするのか覗いてる。
a0043939_23315258.jpg

いか丸、な~ちゃんがんばれ~って応援してね。
a0043939_23322056.jpg

みんな気になる、な~ちゃんのこと。
a0043939_23324551.jpg

そのうちベッドにあがって。
a0043939_23332476.jpg

世話焼きいか丸が、
a0043939_2333452.jpg

な~ちゃんの隣にちゃっかりと寝て、
a0043939_23243334.jpg


な~ちゃん、あったかくて気持ちいいねお布団。
a0043939_23341626.jpg



深夜。

少し鳴いたので、「どうしたな~ちゃん」とみるとヨロヨロとこっちに来て、
それはもう今までで初めての量を一気に吐きました。
しかも、最近の透明だけど拭いたらちょっと色がつくというケポではなく、
吐いたものそのものが茶褐色でいわゆる汚い色のケポでした。
途中、な~ちゃんが喉をつまらせてしまうのではないかと思ったので、背中をさする。

そのあとのな~ちゃんは、変な話ちょっとスッキリしたような感じに見えたかな。

すぐぷ~が帰ってきたので状況を説明して即答。
「明日、バリウムやってもらおっか」

そして今日朝イチすぐにな~ちゃんを病院へ。
行く前、トイレに入ってるとな~ちゃんが来て、お風呂の湯船に手をかけてびよ~んとのぞく。
入りたいの?って聞いてると自分でふちにぴょんと上がる。
抱っこして中に入れてやると鳴いたので、すぐに抱き上げる。
さ、な~ちゃんそろそろ時間だから行こう。

脱水が進んでいたので、まずはいつもの点滴を。
体重は3.5kg。
様子を聞いて先生も「今日バリウムさせてください」とのこと。
血液検査をもう一度やって、点滴をしながら様子をみてバリウムを入れていきます。
夕方には終わってるのでお迎えに来てくださいということでした。


血液検査の結果。
10日前の結果と比較。数値にかなりの変化が。
脱水症状がかなりひどいので、血液が濃くなってきてる。
総蛋白も脱水のせいで数値があがってる。
尿素窒素、クレアチニンも基準範囲を少し上回った。
だけど、これは今の症状になってきたので腎臓の数値があがってきたと思われる。
血糖値も少し高くなったが、これもストレスからのもので今の時点では問題ない。

電解質のバランスはかなり乱れてきた。

ちなみに、毎年ワクチンの際に血液検査をしてもらうが、
うちにゃん4匹ともみんななんの問題もない。
な~ちゃんも11月のワクチン時、さらにちょっと具合悪いかなと連れていった10日前も数値は問題なかった。


バリウム検査の結果。
レントゲン写真数枚。

一番の変化は胃がすごく伸びてる。
10日前は胃の大きさは特に問題なく、とにかく中が空っぽですねという結果だった。
今回バリウムが入って白くうつっているのでよくわかったが、
伸びて大きさが全然ちがう。

2時間後の写真。
私が見てもすぐわかる。
バリウムが胃に残ったまま。
その先の小腸へも少しいってるかな程度の白いものはみえる。

4時間後の写真。
バリウムは胃に残ったまま。
さっきは少し見えてた小腸の白い部分も見えなくなってきてる。

これから見ていえるのは、その先にすすんでないということ。
水分や栄養をとっても、下へ下へと吸収していかないということでした。

昨日の大量のケポは、ぷ~と皮下点滴が少しずつしみわたって胃にたまってたんだと話してたけど、
実際は皮下から血管をとおって吸収していくので、点滴そのものが胃にたまってるのではなく、
胃液が分泌されたものが流れていかないので、
胃にたまっていてそれが気持ち悪くなってきて吐いたであろうという見解。
ガスはあるけど、さほどたまってはいない。

小腸がつまっているということですかの私の質問に、
完全につまってるという状態ではないが、何らかでうまくその先へ流れない状態になっているとは思われると。


ただ、今の血液検査の数値状態では麻酔を僕はかけたくありません。
かけられないですと先生。
なので、これから点滴を続けて、
数値を安定させられるか様子をみて明日の朝結論を出したいと思いますとのことでした。

大丈夫そうでしたら、ご了承いただけるのであれば内視鏡の検査をさせてください。
一番願うのは、何か異物があって取り除けばもう大丈夫だよな~ちゃん、という状態です。
次は、腫瘍が見つかればそれを切除してもう一度小腸をつなぎ直す、
ただつなぎ直すのは少しリスクがあります。

小腸全体がなんらかの症状になってしまっていることも考えられます。
だけど小腸をとってしまうわけにはいかないので、(すみませんこの辺りは少し私の記憶があいまいです)
細胞組織をとって病理に回します。
結果を待つ間少しあるので、その時の処置をどうしていくかなという問題がでてきます。
結果が最悪、がんであったとしたら抗がん剤の治療に入るかどうかという問題が出てきます。


なので、明日朝の血液検査の結果よりけりで、次の段階に進ませてもらおうかと考えています。

とのことでした。


な~ちゃんの年齢、この弱り具合で麻酔はかけたくないと私とぷ~の希望ですが、
そうも言ってられなくなりました。

「先生、もし内視鏡をしないとなれば、今のバリウムの結果を見る限り、
いくら水分や栄養を入れても先へ吸収していかないってことですよね。
だけど、多少は流れるので毎日点滴をしてもらっても、
じゃそれをやめたらしばらくしたら死んでしまうってことでいいんですよね。」と先生に聞きました。
続けたとしてもそのうちではあるでしょう。

麻酔をかけて検査、そのまま開腹手術をすること、
どうしよどうしよなんて悩んでる場合じゃなくなりました。
このまま点滴を毎日続けてもいずれな~ちゃんは死んでしまうだろう。
けどもしかしたら、麻酔から覚めてこないかもしれない。
だけど、今の時点ではどちらを選択しようかという次元ではない。


奥で点滴中のな~ちゃんに会いました。
a0043939_0121664.jpg

私を見たな~ちゃんは2回ほど声出してくれたよ。
点滴してもらってるから少し落ち着いてるのか、おとなしくしてました。
ゆっくりしていってくださいと先生が言ってくださり、
そこでいろいろとお話しました。

ぷ~とも言ってたんですが、
具合の悪いのはいつごろからかじわじわあったかどうかはわかりませんが、
11月のワクチンのときに、
何かがこう合うものがあってよくわからないけどスイッチが入ってしまったのかなと。
検査数値も誰がみても、何かある!と思うようなものではなかったし、
あれを見ても私たちも先生もこうなると思うわけがないですと伝えました。

先生もうんうんとうなずきながら聞いてくださり、
この急激な体重の減り方等(もちろん飲まず食わずなので減るのはあるけれど)からいくと、
もしかしたら…と先生。

「ガンかもしれませんよね」と私。

あとは、先生にお任せしようと決めました。

明日の朝、仕事の前にぷ~と一緒にな~ちゃんのところへ行きます。
ぷ~の心中はきっと私以上のものがあると思います。


ただただ、な~ちゃんがんばろなって言うしかありません。


明日、検査ができる状態になるかどうかも今の時点ではわかりませんし、
検査の結果がどうなるかもわかりません。
その結果によって、先の処置にすすむかどうかもわかりません。


な~ちゃん今頃寝てるかな、さっき二人でそう言いました。
がんばれ、な~ちゃん。

出来る限りのこと、私もぷ~も、先生もやるからね。




ご心配いただいている皆様には本当に感謝申し上げます。
よくなってくれることを第一に望むのはもちろんですが、
万が一のことがあっても、みんなよくやったと思うしかありません。


良い結果になりますように。
by kumitin-nyanko | 2015-01-24 00:28 | ペット | Comments(6)
Commented by うめまま at 2015-01-24 13:25 x
仕事中だけどやばい、泣く。
今すぐ話したいくらいだけどできないことを許して・・!

メールはまたするけど、とりあえずコメ残します。
最悪の事態、なんとなくわたしも頭の隅にありました。
そうでなく取り越し苦労が一番いいんだけど。
症状がね、ヨモすずさんちのヨモさんにちょっと似てたから。

また詳しくはまた。

な~ちゃんもだけど、ぷ~さん、な~こさん、気をしっかり持ってね!!!
Commented by な~こ at 2015-01-24 15:26 x
【うめままさん】 こんにちわ。
ありがとう。
今、会社に一回戻ってきたから見ました。
朝、ぷ~と一緒に見にいってきたよ。
1時半からだからもうそろそろ終わると思うんだけど。

無事に終わりますように。

急激に事が動いたので、考える余裕もなかったです。
な~ちゃん頑張ってるから^^
Commented by nekorin_kuro at 2015-01-24 17:27
な~ちゃんのこと、他人ごととは思えなくて毎日心配しています。
今は、先生を信じて、な~ちゃんの回復を祈るばかりです。
な~こさんもお辛いでしょうけど、頑張って下さい。
Commented by kaezzz at 2015-01-24 21:13
急激に体調が悪化して、こんな状態になるとは....
でも人間より体も小さいし、悪くなる時は早いんですよね。
ひめの時の事を思い出し、胸が詰まります。
どうか少し時間が掛かっても回復してくれます様に!!
回復出来る状態であります様に!!そう願うばかりです。
kumitinさん達と離れて、な〜ちゃんも辛いでしょうね。
まだまだ元気で居られる年齢だもの、今は大変だけど
きっと乗り越えてくれるって信じて待ちましょうね。
kumitinさん達も辛いでしょうが、心を強く持って
待っててあげて下さいね。

Commented by な~こ at 2015-01-24 23:53 x
【ねこりんさん】 こんばんわ。
ありがとうございます。
今日、結局麻酔をかけて回復手術になりまして、
夕方終わるまでは、な~ちゃんがんばれ~とばかり口にしてました。
とりあえず第一段階はクリアしました。
あとは回復するのを待つばかりですが、
まだまだ大変ですよね。

とても頑張りましたな~ちゃん。
Commented by kumitin-nyako at 2015-01-24 23:56 x
【kaezzzさん】 こんばんわ。
そうなんですよ、前夜のものすごいケポでこれはヤバイのではと朝イチ連れていきました。
今日、血液検査の結果も安定したので、
開腹手術となりました。
もう、お迎えにいったらないてくれないかと思って、
夕方までなんともいえない気持ちでした。
なんとか頑張ってくれたようで、ブスくれた顔でしたがケージに入ってました。
心配していただいてありがとうございます。

まだこれからしばらく順調にいくかよくみてないといけないので、大変だと思います。
しばらく入院してるので先生にお任せです。

それにしても早い展開で、結局最後は有無を言わさない状況で悩んで結論がでないよりよかったのではと思っています。
<< まずは、ひと安心ということで。 もうアカンのかなと思った。 >>