まずは、ひと安心ということで。

2015年1月25日(日)

土曜日の朝、ぷ~と二人で病院へ。
昨夜からずっと点滴を入れて血液検査の結果、数値が安定したらこの日は内視鏡&手術決行。

今のな~ちゃんに全身麻酔は、もしかしたらもうそのままになってしまうかもしれないという不安。
もちろんですが、今から会うのは最後かもという気持ちでした。

先生から説明をうける。
血液検査の数値は、かなり安定してきた。
だけど、夜中にやっぱり先日おうちで吐いたような色のものを吐いたそうです。
茶褐色で、少し緑色っぽい。
やはり、胆汁とかも混じっているとのこと。

同意がいただけるのであれば、開腹していきたいとのことでした。
ぷ~はまだ見てなかったので、再度レントゲン写真で説明をうけ、
「先生に、お任せします!」とぷ~。

な~ちゃんに会いに入院しているお部屋へ。
a0043939_7515366.jpg

ぷ~をみて、何度も声をだすな~ちゃん。
昨日、夜中に吐いてそのあとなんだかスッキリした顔してましたと先生がおっしゃってました。
先日おうちでもそうでした。
そうだよね、いっぱいたまったら気持ち悪いもん、出したらスッキリするよね。

ぷ~は、お守りを買ってきてた。
な~ちゃんが入ってるケージに置かせてもらう。
「な~ちょ、頑張れよ」何度も何度もそれしか言う言葉がない。

横でちょびっとウルウルしてた私に、
「何ウルウルしてんのよ、な~ちょ頑張るって言ってんのに」と言われちゃいました。
そうだよね、そうそう。ごめん。

あとは先生にお任せして病院を出ました。

近くの猫神社(猫がいっぱいいるから)にお参りしてよーくお願いをする。


1時半から始まる。
途中、開けてみたけど手をつけられませんとか、何かあったらすぐ連絡が入る。
思っていたよりだいぶ遅くにやっと「今、手術室を出ました」との連絡が入る。
お礼を言ったあと、涙が出てその場に座りこんでしまいました。

よかった。
な~ちゃんに会える。

仕事がひと段落したところで病院へ。
a0043939_811221.jpg

朝より何度も何度も何かを訴えてた。
きっと麻酔も切れ始め少し痛みとかあるんだね。
最初あっち向いてたのに、点滴のチューブつけたまま、よいしょよいしょと体を動かしてこっち向いてくれたよ。
ぷ~は、時間的にあわなかったので来れてないから
写真撮ってメールした。

ぐったりという感じでなかったので安心。
顔つきもしっかりしてたし、今は少し痛みがあるから多少ブスッとしてる。

今晩も点滴を入れて様子をみますとのこと。
先生は前夜より泊りでみてくださる。
夜中、もし何かあったらすぐ電話しますのでとのことで、安心してお任せしました。


な~ちゃん、よう頑張ったね。
みんながな~ちゃんまだ~?って言ってるよ、早くおうちかえりたいね。

1日おいて、お水を飲ませてみるあたりから始めてその後流動食に切り替えてと、
数日かかりますが、飲んでくれるかわかりませんし徐々に進めていきたいと思っていますということでした。



さて、何が行われたかというと。

まずは内視鏡を入れると、すでに胃にはいっぱいたまっていて、
胃どころかもう少し上の方までいろんな液体が混ざったものがあったので吸引。
内視鏡では十二指腸くらいまでしか届かないので、その後開腹手術へ。
内視鏡の結果は画像で見せていただき、胃、十二指腸、特に突起物があるとかはなかったそうです。

では一体どこで詰まっているのかと、
次はな~ちゃんのなが~い腸を引っ張り出してきた、
少しグロテスクですが画像をみながら説明を受ける。
私が見ても、そこ細いよねとわかる部分がある。

胃に近いところは、えらくプックリしてるし、ある部分はえらく細いし。
場所でいうと、結腸の次、回腸という部分が細い。
先生が触ってみるとそこだけ硬い。
その上、蠕動運動すべきものが動きがない。
そこの手前の膨らんでいるところをポンプのように手でそちらへ送り出してみても、
例えるなら細いストローに水を流してもチューって押し出すようにしか水が流れない、
そういう感じですと言われ、なるほどと想像できた。

回腸の後ろからは色あいとかも普通で大腸も問題がない。
腸がぐるぐるある内側?には全体にひだがついているのだが、
回腸より手前部分のひだは全体に赤く、ところどころただれが出てるところもあった。

先生は、ここが原因であろうということで切除、そして管をつなぐ縫合手術。
縫合した部分のアップの写真と、切除したそのものを見せていただいた。
このあたりにそもそも一枚の覆うような膜があるので、
そちらを全体にきちんとかぶせましたので、あとはうまくくっついていってくれるかという状況。


あんなに小さいのに、こうやってちゃんと臓器があるんだな~といまさらながら実感。

説明のあと、な~ちゃんに会ったのですが、
とにかく変な話、生きてるな~ちゃんに会えてほんとにうれしかった。
覚悟のうえでのぞんだので、頑張ったな~ちゃんとなかなか離れられずに長いこと居た。
いっぱいお話してた。

途中、何度も方向転換したりへそ天したりしてたな~ちゃん。
ぷ~は、痛いからでしょと言ってたけど、
ぐったりまったく動かないよりいいかなって。

まだまだ予断は許せないよとぷ~が言います。
おうちに帰れるようになれば、ほんとに回復してきたなと思えるよね。
しばらくは入院ですが、早く元気になって戻ってきてくれたらいいな。
みんなで待ってるよ、な~ちゃん。

早く、「えーん」って言ってほしいよね。
これが二人の一番の願い。

な~ちゃんって呼んだら「えーん」って言うの。
何か言ってくるときも「えーん」ってこっち向いて訴えるの。
な~ちゃんが鳴くのはこう聞こえる^^

な~ちゃんしか俺が帰っても出向かにこないからさ~とぷ~^^

早くまんま入れてってお皿の前でおっちんしてもらいたいな。
もう、な~ちゃん食べ過ぎ~って多分言わないから。


たくさんのみなさんに心配していただき、ありがとうございます。
とにかく第一段階クリアです。
本当は夜中にきちんとアップしたかったのですが、
どうにもこうにも眠くなってしまい、朝早めに起きてアップしてます。

まだ、切除部分を病理にまわしましたので、
それが何であるかの結果もありますし、
どんな展開があるかはわかりませんが、見守っていこうと思います。
どうして回腸部分が固くなってしまったのかは、
先生もああいう状態を見たのは初めてでしたとおっしゃり、
現在はなぜ?という疑問の答えはでていません。

その部分の周りにも何かが広がっていたりしなければいいなと思うばかりです。
あとはまたその都度考えていきたいと思います。


な~ちゃん、よく頑張ったね。
もう少し、みんなで頑張っていこうね。

お疲れさん、な~ちょ。


ちなみに、手術成功ということでプチお祝いは飼い主いたしました^^
今日もちょこっと見てこよう。


取り急ぎご報告まで。
by kumitin-nyanko | 2015-01-25 08:38 | ペット | Comments(8)
Commented by うめまま at 2015-01-25 10:10 x
ありがとう、報告読ませていただきました!!
心配で、何度も見にきてたんよ。

ガンとかではなかったみたいでなによりホッとした!!
それだったらかなり厳しいもの。
でも、腸が固くなるって…
不思議なことがあるもんやね。。
今後理由もわかってくるんやろうけど、すごい勉強になったわ。

高齢の麻酔は特に怖いけど、決断してよかったね!!
先生もすごいイイ先生で嬉しくなったわ(≧∇≦)
ありがたいよ、ホント。

私も一瞬覚悟しただけに、嬉しい!!
もちろん、これで全てが終わりやないけど、とりあえず、みんなお疲れ様!!って言っていいよね^_^!
また経過報告お待ちしております。
Commented by ツナまん at 2015-01-25 15:30 x
な~ちゃん、とりあえず手術お疲れ様でした。
ホント、よく頑張ってくれましたね、
待っていたな~こさんも、少しは落ち着きましたか?
でもこれは第一段階、まだまだ落ち着けないですよね・・・。

先生も素晴らしいと思ってしまいました、私の行ってる病院はここまでしてくれるかどうか。
良い先生に巡り会えてて羨ましいと思ってしまうほど。

な~ちゃん、な~こさん、大変なことも待っているかもしれないけど、頑張ってください、
こんなことしか言えなくて申し訳ないです、ホント。
Commented by kaezzz at 2015-01-25 19:20
あ〜本当に良かったです!!
病院でのな〜ちゃんのお顔も以前よりいい感じだし
何よりkumitinさんに向かって動いたりして
アピール出来てるのが凄く嬉しいですよ。
腸に異常を来していたせいと分かり、そこを上手く切除して
現状のな〜ちゃんが活気あるお顔なのが本当に嬉しい。
これで回復に迎える様に一生懸命祈っています。
病理検査でも何も出ません様に!!
人間同様の暮しを長くしてるから、寿命も延びてるし
人間みたいに色々な病気にも掛かっちゃうんですよね。
でも良い病院で良い先生に巡り会えば、こうやって
ちゃんと直して貰えるというのが救いです。
な〜ちゃん、もう少しの我慢だから頑張ってね。
ここを超えたら優しいママとパパと仲間達が待ってる
暖かいおうちに帰って、沢山ご飯食べられるからね。
kumitinさんお疲れさま、あまり寝てないのではないですか?
今夜はゆっくり休んで下さいね!!
Commented by nekorin_kuro at 2015-01-25 20:11
な~ちゃん、お疲れさまでした。
そしてな~こさん、ぷ~さんも…、本当に本当にお疲れさまでした。
写真のな~ちゃんのお顔、表情が今までよりずっと優しくなってて安心しました。

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、ひとまず良かったです。
本当にお疲れさまでした(^-^)
Commented by な~こ at 2015-01-26 02:35 x
【うめままさん】 こんばんわ。
いつもありがとう。
硬くなるって、動脈硬化みたいなもん?
中も細くなってるし。
けど、なんでそうなったのかはわからない。
ずっと前々からだったのかな、やっぱ。

とにかく、次に覚えとかないとと思ったのは、
体重が減ってきたらとにかく何かあると思って今度はどの子も要観察するつもり。

ほんとに、な~ちゃんがそのまま目が覚めなかったらと、
1時半スタートで3時になっても4時になっても電話がなくて、まさか…って仕事が手に付かなくなったよ。
とにかく今のところクリアでしょ。
しばらく入院してるので、うちにいるよりは安心だわ。
Commented by な~こ at 2015-01-26 02:39 x
【ツナまんさん】 こんばんわ。
いつもありがとうございます。
ほんと、よく頑張ったと思います。
私もぷ~も、万が一を覚悟してましたので、
とにかくそれを回避できてものすごく喜んでます。
あとこれからのことは追々ですよね。

この先生、一生懸命ですよ。
まぁ、私が初めてな~ちゃんをココへ連れていったのは、
前の病院での不信感からなので、それを先生はご存じですし、余計に事細かに伝えてくださるのかもしれません。

あとはな~ちゃんが順調に回復してきてくれて、
前のようでなくてもいいけど、お水のんでまんま食べて、
走り回ってくれたら言うことないですね。
しばらくは入院してるので、こっちだといろんな気を使うから安心してお任せしています。
何かあれば夜中でも連絡しますとおっしゃってくれてますし。

みんなで頑張ります~。
Commented by kumitin-nyanko at 2015-01-26 02:50 x
【kaezzzさん】 こんばんわ。
ほんと、よかったでしょーーー。
もうね、私ももちろん手術も成功してくれることが一番でしたけど、やっぱり歳いってるのに全身麻酔、
あの弱りようでと思ってたのでとにかく生きて帰ってきてくれたのが、
ものすごくうれしい!!!

切り取ったものがもしかして悪性のものだったら、
周りに波及してないか心配ですよね。
結果が出てからになりますけど、どうか良い結果がでるようにとただそれだけです。

先生はとてもよくしてくださいます。
うちは、ビリがちびっこのときも猫白血病のウイルス退治に奮闘していただき、
今回な~ちゃんがこんなことになって、とてもお世話になりました。
もう、どの子も病気などなければいいなと思いますが、
何があるかわからないですもんね。

今日見に行ったら、ケージから出たくて大変でした。
出ましたけど^^

あ、寝てますヨ~もう眠くて眠くて。
一番どうしようと思ったのは、
な~ちゃんを預けて翌朝、血液検査が落ち着いたら~というその時までがどうしようと思いましたね。
朝がきたらついにその日が来るみたいな^^

ま、考える時間とかなくて逆に良かったと思ってます。
麻酔かけたくないと言ってたので、
時間があったら、それこそな~ちゃんを救えなかったかもしれないので。

まだまだなので、なんとかみんなで頑張ります。
いつもありがとうございます。
Commented by な~こ at 2015-01-26 02:52 x
【ねこりんさん】 こんばんわ。

ありがとうございます。
ほんとですね、みんなめちゃくちゃきっと疲れてますよ^^
な~ちゃん、ブスッとしてるけど目が半目じゃないし、
じっと動かないわけでないからとても安心してます。

まだ点滴もはずれないし、お水すら今日は飲んでなかったので先は長いです。
なんとか徐々に回復していって、まんまをいっぱい食べるな~ちゃんに戻ってほしいなと思います。
もう、好きなだけ食べてもらってOKですし~。

すごく心配してもらって、いつもありがとうございます。
<< 出たくて仕方ない。 がんばって。 >>