いや~、ちっちゃ。

2015年6月18日(木)

暑かった~、湿気もあるし汗が出る出る。
これは今年初めてだなぁ、ほんまにもっと暑くなるん?と思っていたけど、
やっぱり汗がいくらでも出るほど暑くってなるんだ~と思った1日でした。


いか丸くん。
a0043939_1374987.jpg

お目目まっ黒だよ。
a0043939_1402679.jpg

手かけてるし^^
a0043939_1405883.jpg

見にいくけど、へっぴり腰。

ビリ。
とってもピンボケだけど。
a0043939_1413525.jpg


な~ちゃん、ちび六。
a0043939_1421385.jpg

わはは、ちび六の頭。
a0043939_1423590.jpg


ケージの上にいるけどビリのこの顔ったら。
a0043939_143420.jpg

言いたいことはなんとなくわかるよ…うん。

みんにゃが見てるのは。
a0043939_1434446.jpg

ケージの中にバッグごと入れてるので、見えにくいですが。

チビです^^
しかも、超~チビです^^

産まれてまだ1週間くらいみたい。


火曜日、日付が変わってすぐの0時半ごろ。
電話がなるから何かと思ったら
「ちっこいのいた!子猫用のミルクとかある?でもよう飲まないかもしれない、もうアカンかもしれない」
と、ぷ~からでした。

「とにかく連れて帰るよ」と、いうことで。

へ?

子猫用?そんなんないよ、哺乳瓶も捨てちゃったし。
ってかケージきれいにしないとホコリだらけ。
あ~、それより隔離するったって何に入れよ、バッグ、あ~これ買ったけど使わなかったのがあった。
ちょーどいいや~。
タオル敷いて~。

な~ちゃんが病気したときに買った初乳入りミルクがひと瓶あった。

帰ってきた。
箱に入って帰ってきた。

ちっちゃいの。

ちーーーーーーーちゃ。
初めてみた大きさ。

やっぱりすぐに夜間救急センターへ。
昔、ちび六を公園の草むらで発見したときも夜だったから、すぐ連れてったっけ。
その病院の隣についこの前、大阪の獣医さんたちで結成した夜間救急センターが開設されたのを、
ついこの前ネットで見たんだった。

やっぱそこだった。

ミルクとか哺乳瓶とかないんで…と電話で伝えておいた。
とにかく触るとピ~ピ~うるさい。

体重測定。
a0043939_1522654.jpg

147g。なんとも…ちっちゃ。

入れ物から出ようとする。
a0043939_152137.jpg

えらく元気。
すぐにミルクを哺乳瓶であげてくださる。
めっちゃ飲んでるよ~~~飲んだよ~~~逐一、ぷ~に画像付きでメール。
飲むかどうか心配だったのでホッとひと安心。

寝たzzz
a0043939_154841.jpg

はやっ。
ただの黒い物体やんこれじゃ。

最軽量やなってぷ~から返事が。
炎天下の下、箱の中に捨てられてたいか丸を見つけたときもこのくらいだったらしいけど、
すぐしばらく入院してたから、私が見たときには400gくらいにはなってたのかな。
だから、衝撃的な小ささ^^ 

ぷ~から、ねずみみたいでしょ、もぐら?とかメールが送られてくる^^  ふむ。


先生に聞いてみた。
朝になったらいつもの病院に連れていきますけども、
それまでの間あずかっていただくことは可能かどうか。
なにぶん、不可のマンションに住んでるもので、大きいのも4匹いますし、
今みたいな声でなくとちょっと困ってしまうもので…と事情を説明。(病院に着いたら鳴き始めたので)

だけど、救急が終わる朝6時までしかやっぱり無理でと言われ、
最初は受け取りにきて、あとは会社にでもいるか~とも思ったのですが、
ミルクを飲み終わると静かになったので、これならと連れてかえることに。

だけど、2時間位毎のミルク。今さらまたこんなことに~~。
ま、でも仕方ないな。

お腹がすいたら鳴きだすので、少し鳴いても気になって眠れない。
にゃんずも、落ち着かずみんな寝ないでウロウロ。
そろそろ時間だしと思ってすこしグズリ始めたチビにミルクをあげようとしたけど、
鳴き声が大きくなる一方(ぎゃ~~~やめて~~~~)
しかも、全然飲んでくれないよーーーーっ。


何度か繰り返し、そのうち、ちび六がいつもとは違う鳴き方をし始めた。
これはやばーーい。
ちび六をなだめ続ける。やっぱダメか~。

そうこうしてたら私の精神状態がマックスに…どーしよ。
お願い鳴きやんで!!おねがーーーーい。もちろんだけど、周りはシーーン、聞こえすぎだろ声(多分)
まさに、赤ちゃんの育児で精神的にきちゃってるママの状態。

ぷ~は早起きしなきゃな日なので少しでも寝てもらいたい。
なのでキッチンで座り込んでにゃんずをなだめ続ける。
あ~、またチビが…時間が長い。

ぷ~が、こいつ連れて車行くわと言ってくれる。

ぷ~が行ってから交代して、いつもの病院が開く前だったけど、電話して連れていかせてもらった。
救急での診察内容はもうFAX来てたみたいでした。

結局、先生にお預けすることを選択。
他の子もなんかおかしな感じだし、何より私が耐えきれませーーんと。
ほんとはちゃんとみてやりたいけど、この子はあまりに小さすぎた。

快くあずかっていただけることになり、うちの他の子が来たころ位(300g~500g)くらいになって、
この声で鳴き続けなくなるころまでお願いします、ということにしました。

まだ目も開いてないんだもん、不安だよね、お母ちゃんもいないし、
お乳さがしてもないんだもんね、いろんなことわかってるけどこうする方がいいと思った。

お休みの日は、うちに連れて帰りますね~と先生。
ワンちゃんと11歳の猫がいますけど^^ って。

ほんと、ありがとうございます。
私は自分にダメ印つけつつも、ほっと安堵。

夕方、ぷ~と一緒に見に行く。
a0043939_2131068.jpg

小さい箱に入れてもらってた。
わはは、黒い物体^^

受付に行ったときから、奥からピーピーピーピー大きな声が聞こえてきてた。
ほら~~声でっかいって。
というか、元気。
a0043939_2144437.jpg


ま、これくらい鳴いたらそりゃ~ね、と先生。
そーでしょ~~、ちょっと困ります…すみません。

このチビです^^
a0043939_2161879.jpg

お耳写ってないし、なんか変ちゃ~う?
目まだ開いてないし。

頑張って育てますので!と先生はおっしゃってくださり、
よろしくお願いしますと頭を下げて帰ってきたのでした。

朝、費用は気にしてませんのでと言った私に「いやいや、気にしてください」って^^
いいのいいの、うちの子みんななんやかんやとかかってるから(あ、出どころはぷ~だったわ…^^;)
そう思うとちび六がお金はかかってないけど、手がかかるって??? う~ん。


里親募集。
落ち着いたらやるつもりです。
5匹は多すぎるし、何よりあの子たちに変化があるのは、どうかと思う。
4匹中、3匹がシニアさん部門に入る。
いか丸だって、もうすぐ6歳。

今いる子を一生懸命育てて世話するのが本望であると、考える。

この子はほんと元気ですよ、
黒猫ちゃんで女の子は人気あるからきっと欲しい人いっぱいいると思うよ、
そんな先生とぷ~の言葉どおりで、
もっともっと幸せを手に入れてもらおう。


ぷ~に見つけてもらいたくてそこにいた。
まさに彼女もそのひとりだったと私は今回も思ってる。
よかったね、助かったよ。

産まれてすぐ、おかあちゃんからも引き離し、
箱に入れて捨てたやつ!人の子供でもそうやって捨てるのか!
猫だからそうやって捨てたのか!

ぶつける相手がいないこの憤りは、世の中のあちこちで起こってると思うし、
いつまでたっても同じようなことがなくならない現実。

助かった命、助けた命だけでも大事に、出来る限りのことをしよう。
そのくらいしかやれることがないと、初めての猫飼い人生の始まり、
な~ちゃんと出会ってからずっとそう思ってる。


チビの成長っぷりを出来るかぎりここに書きとめようと思う。
今も病院で寝てるのかな、また起きて騒いでるのかな。
先生にはまたお泊りしていただいてます、ありがとうございます。


とても長くなりましたが、ご報告まで。



おまけ。
a0043939_228664.jpg

久しぶりにまたミルク作るか~~^^

私は一度もうまく飲ませられなかった~、ダメだ私。
ぷ~は朝あっちであげられたんだって。わかったぞ~コツがって言ってた。
けどさ~、戻ってくるころにはお皿から舐めるようになってるんじゃね? えへへ。


留守にする時間がかなり長いので、
ここまでのチビをおいて、他の子とお留守番なんて考えられないし、
お預けする選択はこれでよかったと思っています。

いろんな人に助けられてます。



by kumitin-nyanko | 2015-06-18 02:43 | ペット | Comments(2)
Commented by うめまま at 2015-06-18 07:26 x
うーん。
禁止ワードがあるって何回もコメを拒否られる( >Д<;)

とにかく、なーこさんお疲れ様でした!
一晩とはいえ鳴くのをあやし続けるのは大変やったと思うねん。
後半はママがいないことに鳴いてたんかもしれんよね(ノ_<)。
そう思うとツライ。
彼女を母猫からようも引き剥がしてくれたな!って感じ。
怒りもあるけど、
助けてくれた病院にも感謝やし。
人間はほんまに複雑な生き物よ。

里親募集はしなきゃならないけど、とりあえずは病院で預かってもらえるから一安心やね。
病院でも貼り紙してもらったり、成長の経過なんかを伝えられたらもしかして家族に迎えたいという人が現れんやろうか?とも思ったりすんねんけど…

チビくん、いまは落ち着いてるんかな?
チビくんの鳴き声で、あ、ヤバイ!
って感じ、わかる気がする(~_~;)
子猫の声よりもそっちにビクビクしてしまうわ。
ともかく、とりあえずなーこ家がいつも通りに戻ってくれれば安心(^^
そしてクロンボヒメの成長も。
Commented by な~こ at 2015-06-18 11:32 x
【うめままさん】 こんにちわ。

わ~、ごめんよ~禁止ワード。
最近はないけど、以前いろんなのが来ててよくやってた。
何回も入力したのね~、ごめん。


いや~、あれは正直疲れたかも。
毎日となると自信ない。

私らが悪いやんな~ここに住んでる自体がさ@@
けど、もしOKのとこや一軒家でもさ、
あの声が夜中の静かなときに響くとやっぱりね~、
先生んち大丈夫かなぁ。
今日は先生のおうちにいってるはずやねん。
けど、ミルクもうまく飲ませはるしな♪当たり前だけど。

お母ちゃんも心配でしょ。
それにそんなとこさ、外にも出入り自由なんだろし、
また産むやんか。たまらんわ。

ちび六?なんか変。
いか丸もちょっと変。
徐々に落ち着くだろうけど、どうなることやら。
少しは大きくなって帰ってきたら大丈夫なんだろか。
とにかく早くよい里親さんが見つかるようにがんばろ。

ありがとーね。
またその時は助けてな~。
<< 静かな夜。 かごバッグがきたら、お決まりで。 >>